Watercolor Lesson
作品を額装して展覧会や部屋に展示する

水彩画の作品を展示するため素敵に額装する方法。マットや額について手短に解説。シンプルな額をひとつ用意しておけば、教室で描いた絵を季節によって張り替えることができ、お部屋のイメージも変化する。

続きを読む
Watercolor Lesson
デッサンより絵具を扱うことに慣れて欲しい

私の水彩画教室ではデッサンの練習はしません。下絵を用意するなどして、できるだけ水彩絵具の塗り方を学ぶことに時間を割いています。デモを見ながら、絵具で色を塗ることを楽しみ、テクニックを身につけましょう。

続きを読む
Watercolor Lesson
時短スケッチのやり方

時短スケッチとはどういうものか。鉛筆で下書き10分、ペン入れ10分、水彩絵具と水筆で着色10分という、気軽なスケッチ方法のご紹介。

続きを読む
Watercolor Lesson
水彩初心者は使う絵具が少ない

大人の水彩画教室では、いちいちパレットを洗いません。出した絵具はそのまま。なぜなら水彩絵具は水で溶けば使えるようになるから。なので、教室ではたくさん絵具を用意してから塗りましょう!とお話しします。

続きを読む
Watercolor Lesson
教室の様子「夏の海を描こう」

ハワイのような海をイメージ 暑い日が続いたので少しでも涼を感じる絵を描こうと、教室では「ヤシの木」と「ヨット」をあしらった海の絵を描くことにしました。空も海も色は自由、ヤシの木とヨットはシルエットのような感じで入れますが […]

続きを読む
Watercolor Lesson
夏の1日水彩画体験講座 in 熱海

2022年7月11日(月)に予定している熱海での1日体験講座の募集案内です。手ぶらで水彩画・・・3時間の講座で1枚の絵を仕上げます。今回は夏らしい絵をご用意しています。

続きを読む
Watercolor Lesson
私のビギナー向け水彩画教室

教室のスタイル ―デモンストレーションを見て学ぶ アトリエおらんじゅが主催する「ビギナー向け水彩画教室」では、季節に合ったモチーフを決め、デモを通して段階的な着色方法を学ぶのが基本スタイル。 絵具を塗ったら失敗? 水彩画 […]

続きを読む
My History
風景を描く 写真ではない手書きの良さ

省略や再構成は効果的に 風景画を描くことは、現実そのままに描くことではない。現実通りなら写真で十分。最近は写真をパソコンやスマホで自由に加工もできるから、素人でもちょっとコツを飲み込めば「インスタ映え」する写真を作ること […]

続きを読む
Watercolor Lesson
始めよう!楽しい水彩画

子育てや仕事が一段落した人たちが趣味の時間を充実させたい。昔好きだった絵でも描いてみようかな?という人のためにビギナー向け水彩画教室を開いています。

続きを読む
Watercolor Lesson
基本の水彩テクニック

水彩画というと小学校や中学校の図工・美術の時間に経験するものの、意外と上手に塗るテクニックを習わずに終わってしまう。ちなみに学校で使う水彩は「不透明水彩」、大人の習い事で多いのは「透明水彩」、メディアも違う。 「薄い色か […]

続きを読む
My History
水彩画 私の道具

私が普段使っている水彩の道具を紹介します。 ・絵具…色は18色。黒と白は使わないが、ハイライトとして入れる白だけはアクリル絵具。 私は風景画を描くので、自然の色を多く使用するため茶・青・緑が豊富。詳しい絵具についてはコチ […]

続きを読む
Watercolor Lesson
水彩スケッチ 現場か写真か

屋外で描く・写真を見ながら家で描く 私は風景画を描くのが好きなので、月に数回スケッチに出かける。 やはり絵にする時に現場の空気感や思い入れが自然とにじみ出るものなので、屋外スケッチまたは取材は大切である。 ただ、家族や友 […]

続きを読む