アメリカの水彩教室を真似てみた

アメリカの水彩画教室のスタイルを真似てみた

私が夫の海外赴任に帯同してアメリカ西海岸に渡ったのは2007年。子供たちは1歳と3歳で慣れない地での子育ては大変だった。
その中で子供たちがプリスクールに行っている間の大人の習い事タイムはリフレッシュできるかけがえのない時間。英語と料理とエクササイズなどに通ったが、一番長く続いたのは水彩画。
リタイア後の白人が多いこのクラスでは、課題の絵を転写して下書きとし、先生のケイトが何回かに分けてデモンストレーションを見せ、生徒は皆で同じ絵を描きながらテクニックを身に着けていくというスタイルだった。1枚の絵が完成するには2回のクラスをまたぐので、およそ5時間かかる。混色・ぼかしの技法や、マスキング・海綿・塩・ラップを使ったテクニックなど、多くのことをここで学んだ。
このやり方だとみんなが同じ絵を描くのだが、出来上がりは個性が出てユニーク。構図やデッサンもしっかりしているため完成したときの満足度も高い。私が、日本でもこのスタイルを採用しようと思ったのはそのためだ。

アメリカらしさ

教室のスタイルとは別に、アメリカで習った水彩画の記憶は私の中で「アメリカらしさ」として刻み込まれている。それは色の鮮やかさ。
日本に帰国して初めて行った水彩サークルでは色の淡さが気になった。水彩は薄く淡く塗るという決まりがあるのか?と思うほど。
かつてアメリカで描いた作品も個展の末席に並べたところ、意外とウケが良かったこともあり、明るい絵・鮮やかな色彩というのは、常に私の作品づくりの信条である。

ケイトのクラスで描いた絵のひとつ。色合いや表現がはっきりしている。

自分に合うスタイルを見つける

アクリル絵具で描いたギリシャの島

水彩が好き

私は美大を出ていない。経歴に「○○美術大学卒業」と描けたら、水彩画を描く者として見栄えがいいのではないかと思うこともあるが、大体の画家さんは「経歴なんて関係ないよ」と言う。才能と実力で地位を勝ち取ってきた彼らにとっては当然の感覚なのだろうなと思う。

美大を出ても、もちろん全員が画家になれるわけではないし、就職先に困る話も聞くから、美大に行かなかったことを後悔しているわけではない。

しかしながら、美術の基本のキの字も知らないのは確かで、ちょっとだけかじってみたくなり、アメリカ滞在中にコミュニティーカレッジ(大学の教養課程)に通った時期がある。

美術を専門とする学生たちが最初に取らなければならない教養の授業で、18歳くらいの若い学生と混じって、ドローイング、デザイン、アクリルのクラスを履修。中には単位を取るためだけに来ている学生もいた。脱落者の多いデザインのクラスは課題が膨大だったがやりがいがあった。油絵に近いアクリル画もやってみた。

ペン画クラスにて

英語での聴講はハードルが高いが、実技中心の授業ばかりだったので、すべてのクラスを「A」(4段階の成績評価)で終えることができた。

とはいえ、それだけでは美大生の半分の知識も経験も得られなかったが、今思えば自分に一番合うスタイルを探しに行っていたのかもしれない。大学とは別にカルチャーセンターのペン画クラスにも通った。そして、最終的にはもともといたケイトの水彩画クラスに帰っていった。先生も仲間たちも約1年休んでいた私に「おかえり」と言ってくれたのが嬉しかった。 そこから私の水彩風景画への思いが本格化していったように思う。旅行に出れば、写真を撮り、家に帰ってから絵を描いたし、住んでいた街のあちこちへスケッチに出かけるようになったのもこの頃だ。ケイトの下で細々と水彩画を習い始めてから約4年が経っていた。