創造力と想像力

描きたい風景

私は風景画を描いています。画用紙と画材を持ってスケッチに行ったり、たまたま通りがかった風景を写真に撮ったりして、描きたいと思う風景を絵にするのが(ちょっとおおげさだけど)「天命」なのです。予期せず夕焼けが綺麗だったり、光る海原に眼を奪われたりするとき、車を運転中だったりすると本当に惜しい…同乗している家族に「今すぐスマホで写真を撮って!」と頼むこともしばしば。「今日は絵にする風景を探して取材に行こう」と思っているとなかなか天気に恵まれなかったりするのに、偶然見かけた光景が素晴らしかったりするのです。写真家の皆さんはそんな時どうしているのだろうと疑問に思いますが、私は写真家ではなくて絵描きなので、パシャパシャと何枚か撮った下手な写真を繋ぎ合わせて絵の構図にすることもあります。もちろん空の具合を変えることも、モノの位置を変えることも、影の方向を変えることも…絵だからこそできることであって、「虚構」であっても美しい仕上がりになればいい。風景として不自然でなければ。

「夏の思い出(御幸の浜)」2019 イメージしていた親子と犬を描いたところ、ある人の心に響いたようでお買い上げになりました。

創造力と想像力

風景を絵にする時、ある程度デフォルメをしたり、色を変えたりするのだから、そもそも描き手の創造性に任されていると思うのです。そこには素(もと)になる現実の世界があるのだけれど、構図を作り色のイメージを作り上げてから、作品に取りかかります。
水彩画は油絵のような重ね塗りはできないので、塗り始める前に下書きを見ながら着色する順番を頭の中で組み立てます。その作業は、この色とあの色を重ねたらどうなるか、などといったこれまでの経験がなければできないことで、筆を取る前にかなりの時間を費やします。マスキングをする場合などはとりわけ着色のイメージが重要で、想像力を最大限働かせなくてはいけません。
もちろんイメージしていた通りに作品が仕上がるかは「経験あるのみ」なのでしょうが、私の力不足でうまくいかない時ももちろんあります。そのためには練習に練習を重ねることが大切だと感じています。

マスキング液の練習

皐月。天候にも恵まれているのに外出自粛でスケッチにも行けず、何かしらストレスを抱えているのか、悪夢で目覚めることもあり、ぐちゃぐちゃの心象画のような抽象画でも描こうかと気持ちに。でも庭のモミジが新緑に揺れているのを見て、モミジでマスキング液の練習をしようと思い立ちました。
特に下書きもなし。適当に葉っぱの重なりだけを意識してマスキングをしていきます。

マスキング液を塗る→マスキング液を乾かす→薄く緑を塗る→絵具を乾かす→マスキング液を塗る→乾かす…この時間のかかる工程を3回。

マスキング2

葉っぱの重なりも何度も塗っているうちによくわからなくなってきました(汗)。
マスキング液をはがしてみないと、実際どうなっているのか分からないので、歯を食いしばって、自分を信じてそのまま作業を進めます。

マスキング3

モミジの部分は影を濃いめに入れて厚みが感じられるようになりました。
右下にもぐちゃぐちゃな精神性を表したマスキング液。計画性がなかったので、何となく頭に浮かんだ水辺を描くことにしました。

心象風景です。おおよその色が塗れた時点で、モミジ部分のマスキングをはがしてみました。
全体を見ながらさらに濃淡をつけていきます。

できあがり。
重なるモミジの葉を表現できたので、マスキング液の練習にはなりました。秋には紅葉を描けるかな…。