Art Gallery

中川一政美術館

投稿日:

真鶴半島にある真鶴町立中川一政美術館。近代油絵画家の1人で、真鶴に長くアトリエを構えていたことから作られたこの美術館には多くの作品が並べられている。

太い線、分厚い絵具の重なり…魂のこもった作品からは画家のエネルギーを感じる。

とりわけ箱根の駒ケ岳の絵は何枚もある。画家が「世界一広いアトリエ」と語った、正面に駒ケ岳が見える箱根の山の上に何度も通って描いたという。

油絵は水彩画と違って完成までに何ヵ月もかかる。真鶴の自宅から天候を見て、箱根の山に大きなキャンバスなど一切合切を担いで登り、絵を描いている画家の写真を見た。写真家・篠山紀信が撮った巨大な写真からは、雄大な自然の掌で一心不乱にキャンバスに向かう画家の迫力が伝わってくる。

油絵の作品をすべて現場で描くのも珍しい。絵具の乾きが遅く、何度も重ね塗りをするため、春に始めて、描き終わるころには秋の山に変化していたとか。その途方もない執念。

中川一政の生きた時代には梅原龍三郎や安井曽太郎らがいる。私が高校時代に油絵を教えてくれた美術部の顧問がこの時代の油絵画家を好んでいたこともあり、デフォルメとメディウムをたくさん使った重ね塗りの表現には懐かしささえ感じた。特に惹かれたのは幾重にも重なる数々の青。空の青一つとっても同じ色ではなく様々な色が交じり合う。絵の表面の凹凸。時々現れる額にまで書かれた文字…。なかなか興味深い。

書や茶道も嗜む画家の意向でかの美術館には茶室もある。美術館を訪れた客を、自ら点てた茶でもてなしたいという画家の気持ちが、主なき茶室に今も漂っていた。

個人情報保護方針

個人情報保護方針

-Art Gallery
-,

執筆者:

関連記事

倉田コミュニティハウス

ビギナー向け水彩教室 in 戸塚

9月から戸塚でもビギナー向け水彩画教室(全6回)を始めることになりました! 今月は講座の宣伝を兼ねて、会場となる「倉田コミュニティハウス」にて、私の作品を展示しています。 キャプションには絵に込めた思 …

吉田博木版画展 ―MOA美術館

この頃インスタグラムを見ていて、(私はほとんど水彩画しか見ないのですが、世界中の水彩画家さんをプロ・アマ問わず見られるのが面白い)WoodPrint(木版画)が気になっていました。木版画というと真っ先 …

個展が始まりました

巨匠たちの横で… 11月1日より、湯河原美術館に併設するカフェ「and garden」さんにて個展が始まりました。横浜、小田原、湯河原、熱海と東海道線で旅をしているような風景画を展示しています。大きさ …

玉村豊男ライフアートミュージアム

箱根は大人だけでゆっくり足をのばしたい場所 先日、夫婦で箱根に足をのばした際、湖畔の素敵なカフェ「芦ノ湖テラス」で食事をした。芦ノ湖の景色も美しかったが、同じ建物に「玉村豊男ライフアートミュージアム」 …

初個展のチラシができあがりました!

SNSでの出会い 今年は春に予定していたいくつかのグループ展も中止になり、家族もみんなステイホーム、なかなかスケッチにも行けない自粛ムード漂う6月上旬、インスタグラムに1通のメッセージが届きました。 …

メイン

カテゴリー

Translate »