My History

自分に合うスタイルを見つける

投稿日:2019年2月21日 更新日:

アクリル絵具で描いたギリシャの島

水彩が好き

私は美大を出ていない。経歴に「○○美術大学卒業」と描けたら、水彩画を描く者として見栄えがいいのではないかと思うこともあるが、大体の画家さんは「経歴なんて関係ないよ」と言う。才能と実力で地位を勝ち取ってきた彼らにとっては当然の感覚なのだろうなと思う。

美大を出ても、もちろん全員が画家になれるわけではないし、就職先に困る話も聞くから、美大に行かなかったことを後悔しているわけではない。

しかしながら、美術の基本のキの字も知らないのは確かで、ちょっとだけかじってみたくなり、アメリカ滞在中にコミュニティーカレッジ(大学の教養課程)に通った時期がある。

美術を専門とする学生たちが最初に取らなければならない教養の授業で、18歳くらいの若い学生と混じって、ドローイング、デザイン、アクリルのクラスを履修。中には単位を取るためだけに来ている学生もいた。脱落者の多いデザインのクラスは課題が膨大だったがやりがいがあった。油絵に近いアクリル画もやってみた。

ペン画クラスにて

英語での聴講はハードルが高いが、実技中心の授業ばかりだったので、すべてのクラスを「A」(4段階の成績評価)で終えることができた。

とはいえ、それだけでは美大生の半分の知識も経験も得られなかったが、今思えば自分に一番合うスタイルを探しに行っていたのかもしれない。大学とは別にカルチャーセンターのペン画クラスにも通った。そして、最終的にはもともといたケイトの水彩画クラスに帰っていった。先生も仲間たちも約1年休んでいた私に「おかえり」と言ってくれたのが嬉しかった。 そこから私の水彩風景画への思いが本格化していったように思う。旅行に出れば、写真を撮り、家に帰ってから絵を描いたし、住んでいた街のあちこちへスケッチに出かけるようになったのもこの頃だ。ケイトの下で細々と水彩画を習い始めてから約4年が経っていた。

個人情報保護方針

個人情報保護方針

-My History
-, ,

執筆者:

関連記事

「アメリカらしさ」

ケイトのクラスで描いた絵のひとつ。色合いや表現がはっきりしている。 日本とアメリカの第一印象での違い 約4年間アメリカで水彩画を学んだ私は2013年に日本へ帰国。船便が届くのを待って水彩画を再開した。 …

私の道具

左上がサムホール、左下がF4、右はF10のスケッチブック 水彩絵具 ・絵具…色は18色。黒と白は使わないが、ハイライトとして入れる白だけはアクリル絵具。  私は風景画を描くので、自然の色を多く使用する …

アメリカの水彩画クラス

デモンストレーション中の様子 油絵から水彩へ 高校生の頃、油絵をやっていた私には、水彩画は「やり直しがきかない」一発勝負の手法だということで、なかなかハードルが高かった。 そのうえ買い物だ、子供の学校 …

油絵との出会い

ペインティングナイフで描くのが好きだった高校時代 高校の美術部時代 子供の頃から絵を描くのが好きだった私は高校で美術部に入った。 ただ動機は不純で、純粋にもっと絵を習いたいという気持ちからではなく、中 …

ペン彩画との出会い

帆船はペンで描いたほうが描きやすい気がする ペンと水彩で描く 日本に帰国したらペンの線を生かした風景画に挑戦してみようと思っていたので、五十嵐吉彦先生を中心に各地で活動している「水陽会」の系列クラスに …

メイン

カテゴリー

Translate »