My History

ペン彩画との出会い

投稿日:2019年2月21日 更新日:

帆船はペンで描いたほうが描きやすい気がする

ペンと水彩で描く

日本に帰国したらペンの線を生かした風景画に挑戦してみようと思っていたので、五十嵐吉彦先生を中心に各地で活動している「水陽会」の系列クラスに入った。

「水陽会」の中でもペンを使った「ペン彩画会」には、「ペンによるスケッチの線を活かし、透明水彩絵具で彩色し白地を活かして、光と影の表現を尊重し、サイズはF4主体‥」とある。

簡単な道具だけでよい。旅先でささっとペンでスケッチをして、透明感のある水彩で風景画を仕上げるのに、F4というカバンに収めやすい大きさ、そして形を取ってあとは塗るだけという気軽さ。「水陽会」のメソッドは、余暇に絵を描いて楽しもうという人にも簡単にチャレンジできるスタイルとしておすすめである。

日本ペン彩画会のサイト

PIGMAのペン
愛用しているPIGMAのペン

もともと絵を描くのが好きだった私はイラストを描くのにサクラのPIGMAというペンを愛用しており、趣味で漫画のようなイラストを描いていたころは0.01という極細のペンを使っていた。風景画を描き始めてからは0.4が多い。このペンは描きやすく、水彩絵の具を使ってもにじまないのが良い。

私が初めてペンでスケッチ画を描いた時の失敗を記しておこう。

印刷に向くイラスト画しか知らなかった私は全部の線をペンで描いてしまい、先生に「描きすぎ」と注意される羽目に。風景画では遠くにあるものは薄く表現するので、ペン入れするのはメインとなる建物ぐらいでよかったのだ。ペンで描いてしまったら消せないので、「どこまでペンで描くか」というのは初めは判断が難しい。

ペンで描くと楽なのは、船や寺院など複雑な形状のモチーフ。

逆にペンで描かないほうがいいのは、木々、石ころ、雲など、メインを盛り立てるものたちである。

最近はよほど入り組んだ線や暗い影に沈んだ建物の一部以外はペンを使わなくなった。だが鉛筆の線は絵の具の水分で描いているうちに消えてしまうので、ビギナーにはペンをおすすめしたい。きちんとペンで描いておけば、あとは塗り絵のようにさっと色をつけるだけで形になるからである。

個人情報保護方針

個人情報保護方針

-My History
-, ,

執筆者:

関連記事

「アメリカらしさ」

ケイトのクラスで描いた絵のひとつ。色合いや表現がはっきりしている。 日本とアメリカの第一印象での違い 約4年間アメリカで水彩画を学んだ私は2013年に日本へ帰国。船便が届くのを待って水彩画を再開した。 …

私の道具

左上がサムホール、左下がF4、右はF10のスケッチブック 水彩絵具 ・絵具…色は18色。黒と白は使わないが、ハイライトとして入れる白だけはアクリル絵具。  私は風景画を描くので、自然の色を多く使用する …

油絵との出会い

ペインティングナイフで描くのが好きだった高校時代 高校の美術部時代 子供の頃から絵を描くのが好きだった私は高校で美術部に入った。 ただ動機は不純で、純粋にもっと絵を習いたいという気持ちからではなく、中 …

自分に合うスタイルを見つける

アクリル絵具で描いたギリシャの島 水彩が好き 私は美大を出ていない。経歴に「○○美術大学卒業」と描けたら、水彩画を描く者として見栄えがいいのではないかと思うこともあるが、大体の画家さんは「経歴なんて関 …

アメリカの水彩画クラス

デモンストレーション中の様子 油絵から水彩へ 高校生の頃、油絵をやっていた私には、水彩画は「やり直しがきかない」一発勝負の手法だということで、なかなかハードルが高かった。 そのうえ買い物だ、子供の学校 …

Translate »